Alcohol Burner アルコールバーナー

ボトルタイプの空き缶を再利用して作った副室加圧型のアルコールバーナー、Trangia TR-B25などと同じ仕組みです。燃料の注入が容易で着火も簡単です、燃料残量は目視で確認できます。

使用イメージ・動画

トライアングルスタンドとアルミ製クッカーを使い炊飯中。※2

燃焼状態(※弱火用パーツの製作方法はこちらです)

トライアングルスタンドとアルミケトルを使って湯沸し

500mlの水道水10℃を95℃まで上げるのに掛かる時間を計測し比べてみました。基準になる物としてTrangia TR-B25でも計測していますので参考にしてください。空き缶バーナーのジェットホールやトップホールのサイズ・数による火力の違いが出ています。

自動炊飯で美味しくご飯が炊けるまでの動画

特徴

アルミ製ボトル缶を再利用して作った副室加圧型アルコールバーナー※4です燃料用アルコールを注入して着火するだけと使い方も簡単です。
ポンピングして燃料の加圧とかプレヒートなどの操作がないので簡単に使えます。
内部には30ml〜90mlまで10ml刻みで目盛りがあるので燃料の注入量が簡単に把握できます。

30mlの燃料で8分前後の燃焼時間です。燃料の注入量が多いとプレヒート時間が長くなります。
ボトル缶の底を利用して弱火リングが簡単に自作できます、弱火で1時間程燃焼します。
トライアングルスタンドで使用するのに丁度良いサイズです。


仕様・価格

ご注文はTG-Works Web Shopをご覧下さい、下のカートボタンからも購入できます。



寸法 : φ66mm×H=43mm※1
材質 : アルミ(アルミボトル缶)※3
トップホール : φ38mm※1
ジェット孔 : φ1.5mm×24孔
重量 : 17g※1
燃料容量 : 90ml
※1:ハンドメイドの為、多少の誤差があります。
※2:炊飯については使用するアルコールバーナーやコッヘル、周辺環境(気温・水温・風など)により燃料の量及び水の量を調整する必要があります。
※3:市販の飲料缶を再利用して製作しています、使用する缶により多少の誤差があります。
※4:このアルコールバーナーは単体での使用は出来ません、五徳や風防などは別途ご用意下さい。
※:繰り返し使用する事により熱の影響を受けてきます。また、燃料用アルコールにより少しずつ腐食していきますので注入した燃料は必ず使い切ってから保管してください。
※:本製品は改良のため、予告なく仕様などを変更する場合がございます。ご了承ください。