焼きリンゴ

ダッチオーブンでは定番の焼きリンゴですが、炭火を熾した焚き火台にアルミホイルに包んで入れるだけだと火力が強過ぎて焦げてしまうため、焚き火台を組み合わせて作ります。
材料
 ●リンゴ
 ●砂糖(大匙×1杯)
 ●シナモン(少々)
 ●無塩バター(大匙×1杯程度)
 
 
 
 
使用した道具
 ●Touring Stove L
 ●Compact Touring Stove
 ●SUSピン
 ●アルミホイル
 ●焼き網(15cm角×1枚)
 ●ステンレストレー
 
 
スプーンや果物ナイフでリンゴの芯をくり抜きます。

くり抜いた穴に砂糖(大匙1杯)とシナモン(少々)を入れます。

バター(大匙1杯程)でフタをする様に入れます。

アルミホイルで二重に包みます。

上火に使う炭をステンレストレーなどに取り出します。

Touring Stove Lの側面パネルにある穴の最上部にSUSピンを挿し込んで焼き網を載せます。


セットした焼き網の上に火床を外して組み立てたCompact Touring Stoveを置いてアルミホイルに包んだリンゴを入れます。

炭を取り分けたステンレストレーを載せて上下から焼きます。
20分〜30分程で焼きあがります。

今回は「ふじ」で作りました、冷めた方が美味しかったです。

※怪我、事件、事故などいかなる損害について当方では責任を負いかねます、必ず自己責任において楽しんでください。