Triangle Stand トライアングルスタンド

アルコールバーナーのスタンドを兼ねた五徳と、使用するクッカーに合わせて大きさを変える事ができる風防により、風に弱いアルコールバーナーの炎を効率良く使用する事ができます。Trangia SPIRIT BURNER(TR-B25)での使用をメインに考えていますがTATONKAのアルコールバーナーや空き缶(太缶)で作ったアルコールバーナーでも使用する事ができます。
トランギアのアルコールバーナー(TR-B25)とアルミ製クッカーを使った、水500ml湯沸かしでは点火直後にクッカーを載せてから6分30秒〜6分50秒程で沸騰します(プレヒート時間を含む)※5

使用イメージ・動画

アルミ製クッカーを使い炊飯中。主風防径約150mm、補助風防径約125mmにセット

アルミ缶(太缶)を再利用したアルコールバーナーをセットした状態

小型ケトルで湯沸かし、主風防径約180mm、補助風防径約125mmにセット

動画での解説

ステンレスクッカーとアルコールバーナーを使い簡単に美味しくご飯が炊けます

自動炊飯で美味しくご飯が炊けます

特徴

内部に補助風防をセットする事により、主風防単体での使用より風の影響を小さくし、より効率的に使用する事が出来ます。
また、こちらのアルコールバーナーと風防についてやステンレスシートで風防を自作する記事も参考にしてください。
アルコールバーナーに点火してクッカーをセットすれば、途中で火力調整をする事無く自動でご飯を美味しく炊き上げる事ができます。※4
詳しくはこちらの解説ページをご覧ください。
風に弱いアルコールバーナーを効率良く 使用する事が出来ます(Trangia TR-B25やタトンカのアルコールバーナーが使えます)太缶で作った空き缶バーナーでの使用もできます。
風防収納容器には空き缶製のアルコールバーナーやその他の小物を収納する事 も出来ます。
空缶を再利用したアルコールバーナーの作り方はこちらを参考にしてください、ネット検索でも色々な作り方、素材、構造が紹介されていますので検索してみてください。
別売りのSolid Fuel Plateを使用する事により固形燃料も効率的に使えるようになります。


組立

スタンドパーツが3枚と主風防と補助風防の各1枚がセットになっています。
スタンドを組み立てます。
風防は使用するコッヘルに合わせて、約φ125mm、約φ150mm、約φ180mmの3段階にセットできます。

仕様・価格

ご注文はTG-Works Web Shopをご覧ください、下のカートボタンからも購入できます
Triangle Stand(スタンドのみ)

風防の加工や大きさについて、ステンレスシートで風防を自作するページを参考にしてください。

使用時寸法 : 196mm×196mm×H=120mm
収納時寸法 : ストーブベース 147mm×93mm×H=5mm※1
収納時寸法 : 風防 φ60mm程度×H=110mm※2 風防収納容器、φ90mm×119mm
材質 : ステンレススチール
重量 : 240g※3
耐荷重 : 5kg(静止荷重)
※1:熱による歪み(反り)などで収納時の厚さが大きくなります
※2:小さく丸め過ぎると巻き癖が付きます
※3:風防の収納容器、アルコールバーナーの重量は含みません
※4:使用するアルコールバーナー及びクッカーにより燃料の量及び水の量を調整する必要があります。
※5:Trangia TR-B25とTriangle StandとSnow Peak Trek900を使い水道水500ml・10℃を95℃まで上昇させるのに掛かる時間。Triangle StandにTR-B25をセットし点火直後にクッカーを載せて計測。気温20℃の室内にて計測していますが、測定誤差や使用状況及び周囲の環境により変化しますので実測の参考時間です。
※:本製品は改良のため、予告なく仕様などを変更する場合がございます。ご了承ください。
実用新案取得製品