空き缶バーナー用 弱火リング

空き缶で作るオープンジェットタイプのアルコールバーナーで弱火を使えるようにするパーツを作ります。アルコールバーナーと同様に空き缶から作れます。
使用する道具
●油性マジックペン
●金切りハサミ
●カッターナイフ
●紙ヤスリ
●円カッター


左のボトル缶はアルコールバーナーを作るのに使用したタイプです。今回は中、右のタイプのボトル缶を1個使います。


油性マジックで底面に中心位置を書きます。

円カッターを使いφ32mmで切込みを入れます。

切込みを入れた円の中にカッターナイフで切れ込みを入れます。

切れ込みの部分から硬い物で押し込んでいくと切れていきます。押し込みながら切り取ります。

切り抜いた部分のバリを紙ヤスリなどで落とします。


ラベルを剥がします。最初に剥がしてから作業を始めてもOKです。

適当な高さで底部分を切り離します

金切りハサミで余分な部分を切り取ります

切り口を紙ヤスリで均しておきます


上に被せて使用します。
使用する場合は最初から被せて使用してください。本燃焼状態の時に被せても横から炎が噴出して弱火になりません。

弱火使用時データ(室内無風)
 燃料70mlで60分燃焼
 水500mlを70℃上昇時間=20分
 
 
燃焼状態(炎が弱いので照明を減光しシャッター速度5秒で撮影)

※怪我、事件、事故などいかなる損害について当方では責任を負いかねます、必ず自己責任において楽しんでください。